減ると死にたくなりますがね 無料EA「 Victory_Road 」(GEMFOREX)

Victory_Road

アメリカ経済は活況の見通しがあるようですね。

FRB、0.75%利上げ 通常の3倍 記録的なインフレ抑制優先
https://news.yahoo.co.jp/articles/0699c1e933f8de6f032dcdbc8885e723ad102fe2

米連邦準備制度理事会(FRB)は27日、政策金利を0・75%引き上げると決めた。上げ幅は6月会合に続き通常の3倍の大きさ。急ピッチの利上げによる景気後退への懸念が強まっているが、記録的な物価上昇(インフレ)の抑制を優先する姿勢を示した。4会合連続の利上げで、政策金利の誘導目標は2・25~2・5%となる。

FRBは6月会合で1994年11月以来、27年7カ月ぶりとなる0・75%の大幅利上げを決定。その後公表された議事要旨では、大半の参加者が7月会合について「0・5%か0・75%の利上げが適切」との見方を示していた。

6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比9・1%上昇と40年7カ月ぶりの高い水準を記録。一方、同月の雇用統計は市場予想を上回る堅調ぶりで、市場では「FRBが大幅な利上げを続ける」との見方が支配的だった。「上げ幅を1%に拡大する」との見方も浮上したが、行き過ぎた金融引き締めは経済を急激に悪化させる恐れがあり、見送られた。

パウエル議長は会見で、次回の9月会合について「異例の大幅な利上げが適切となるかもしれない。しかし、それは今後の経済データ次第だ」と述べ、具体的な数字は示さなかった。

一方、6月会合で示した22年末の政策金利の見通し(3・4%)が「委員会の考える最良の推計」と説明。現在の政策金利から計算すると上げ幅は1%程度となり、年内の残り3回の会合ではこれまでより利上げペースが遅くなる可能性を示唆した。

米経済が景気後退に陥っているとの見方については「雇用環境が極めて良好。景気後退に入っているとは思わない」と明言した。

という、2回連続の0.75%利上げを明言したFRBの動きです。

1%の利上げも予想されていた中で0.75%だったので、市場へのインパクトはほとんど無かったようですね。

想定の範囲内、むしろ想定よりも低い利上げだった、と。

また、今後の利上げ幅は緩やかになるだろうという予想からアメリカ株が買われて高騰し始めているようです。

当初の予想通りの動きですね。

インフレ抑制のために利上げすることで一時的な不況に陥るが、アメリカ経済自体は長期的には良好で右肩上がりを続けていく、と。

山は越えた感じなので、今年はこれからアメリカ株、アメリカ経済が爆上がりしていくと思います。

ドルの金利が上昇したのでドルは買われ、円は売られていきます。

今後、年内にさらに1%程度のドル金利上昇が見込まれますので、円安ドル高の方向は変わらないでしょう。

じりじりと進んでいき、年末には1ドル150円ぐらいは見えてきそうですかねぇ。

それに対し、物価高、資源高に耐えられない日本経済は大変です。

特に中小企業は今年かなり倒れるでしょうね。コロナ給付金も終わり、延命措置が出来なくなったゾンビ起業がどんどん倒産していきます。

金はある所にはありますが、庶民には回ってきません。

働いても全国平均最低時給は930円。

地方の田舎なら850円を下回るところはザラにあります。

フルに働いても・・・850円×8時間×月20日労働=¥136,000也。

ここから各種税金、年金、健康保険が引かれ、手取りは・・・11万円ぐらいにはなりますかね?

とても一人暮らしは出来ませんね(^^i)

地方だと車も必要ですし、なお厳しい生活を迫られます。

円安が進み、ガソリン代の高騰もさらに続くでしょうからね。

こういう状況の中、誰もが金で金を殖やそうと試みることになるでしょう。

でも、そのやり方が分かりませんし、そもそも情報が正しいのか誤ってるのか、それすらも分かりません。

TKO木本みたいな投資詐欺に引っかかる可能性もありますしね(^^i)

用心し、ある程度の被害は覚悟しながら、それでもチャレンジし続ける気概が必要になるでしょうね。

初期資金を多く用意出来ない我々庶民は、FXの自動売買が一番良いですよ(^^)

5万円、10万円という少資金から始められますし、継続して金が殖えるところを見続けることでさらなる投資資金の増額を行えます。

株や投信を毎月一定額買い続けるように、FXの自動売買でも毎月資金を増やすことで金の殖えるスピードが加速します。

さらに、簡単に複利運用が可能です。これがFXの自動売買の一番の利点ですから。

まぁ、やってみれば分かりますよ(^^)

私が教えます、良かったら(^^)

金が殖えるのって、気持ちいいんですよ。

減ると死にたくなりますがね(^^i)

 

さて、今回はこのEAの現況を。

 

Victory_Road

最も緻密なゴトー日EA!!

 Victory_Road 2022年7月29日時点のランキング

このVictory_Roadについては、過去に以下の記事で書いています。

東京都はJackeryのソーラーパネルセットを都民に配ればいいんじゃないですかね? 無料EA「 Victory_Road 」(GEMFOREX)

自分もイヌになろう。 無料EA「 Victory_Road 」(GEMFOREX)

すぐに金が返せないなら・・ 無料EA「 Victory_Road 」(GEMFOREX)

 

勝てるゴトー日にだけ取引するEAです。

前回、このEAについて記事を書いたのは7月22日時点のことでした。

それ以降の状況を見ていきましょう。

 

 Victory_Road 2022年7月29日時点のパフォーマンス  Victory_Road 2022年7月29日時点の7月売買カレンダー  Victory_Road 2022年7月29日時点の通貨ペア別売買履歴

 Victory_Road 2022年7月29日時点の詳細説明

 

勝率76%、PF12.09、レシオ3.82という成績です。

全ての数値が上がりました。

特にPFとレシオは爆上がりしましたね。

その理由は22日にエントリーし、越週して25日に決済し爆益を得た取引です。

これで一気に1234ドルの爆益を得ています。

恐ろしい威力ですね(^^i)

これって予想通りに爆益を得たのでしょうか?それともここまでの爆益は予想してなかったのでしょうか?

このEAは性質上、ゴトー日ならば機械的に取引するのではなく、ゴトー日の中でも有利に取引を行える日を選んでエントリーします。

ということはおそらく、この日は爆益狙えるな、とか、この日はそこまでの利益ではないけど勝てるからエントリーしとくか、というようなランク分けがされていると思うんですよね。

今回の爆益取引は想定内のものだったのか、是非とも製作者に聞いてみたいころですね(^^)

今回の爆益により、このEAがGEMFOREXのゴトー日システムの中では完全に先頭を走る形になりました。

今後もこのまま利益を積んでいけるのか。

ゴトー日EAは、安定して右肩上がりの利益とならないケースが多いので、そこが一番の課題だと思います。

もちろん、今後も期待していますがね(^^)

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法など全て無料でお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。

 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ