ガチャ300回無料券をワクチン接種後に配れば・・。無料ストラテジー「 Point 」(GEMFOREX)

Point

打たない人は自分の命を守るためなんでしょうねぇ・・・。

政府、若者接種促進に躍起 感染拡大に打つ手乏しく
https://news.yahoo.co.jp/articles/f41491264ece7b07301a6671b70740c48067da7f

新型コロナウイルスの感染「第7波」が猛威を振るう中、政府が若者を対象とした3回目のワクチン接種の促進に躍起になっている。

10~30代の接種率の低さが感染拡大を加速させているとの分析からだ。政府はまん延防止等重点措置などを極力避ける方針で、感染抑制への妙手がほかに見当たらないことも背景にありそうだ。

「若い方でも重症化したり、症状が長引いたりする可能性がある。家族、友人、高齢者など大切な方を守ることにもつながる。できるだけ早い3回目接種をお願いする」。松野博一官房長官は20日の記者会見で、若者にこう呼び掛けた。

3回目の接種率は19日現在、62.3%。90代と80代は94.5%に達している。ただ、若くなるに従って接種率は低くなり、30代は50.7%、20代は46.9%、10代は32.4%にとどまる。若者の重症化率の低さが影響しているとの見方が強い。

一方、全国では若者を中心に感染拡大に歯止めがかからず、20日には国内の新規感染者が過去最多を更新した。ただ、政府は15日改定の基本的対処方針に「新たな行動制限を行うのではなく社会経済活動をできる限り維持する」と明記しており、未接種者への呼び掛け以外に「打つ手がない」(首相周辺)のが実情だ。

政府は18日、岸田文雄首相が若者に協力を訴える動画をインターネットで公表。若者の接種率をグラフで示しつつ、「皆さまのワクチン接種で救われる命があります」と接種の重要性を説いた。

という、3回目のコロナワクチン接種率の低い若者へどう打たせるか、という政府の狙いです。

皆さまのワクチン接種で救われる命があります、と言ったところで、打たない人には明確な理由がありますから。

それは、ワクチンを打つことによって自分の命が危険にさらされるかもしれない、という考え。

将来的にどうなるかわからないワクチンなんか打ちたくない、と。

また、副反応の強さを敬遠する人も少なくありません。

副反応で体調悪くなっても仕事休めないから打てない、と。

そもそも、かかったところで若い世代は重症化しないんだから打つ必要ないよ、とね。

そんなに若者に打たせたいのなら、若者が欲しがるモノを特典として付けてやればいいんですよ。

ソーシャルゲームのガチャ無料券とかね(^^i)

ガチャ300回無料券をワクチン接種後に配れば、若者の接種率は跳ね上がると思いますが(^^i)

そのぐらいアコギで俗っぽい政策を打てないなら、岸田政権もたかが知れてますよねぇ・・・。

 

さて、今回は反面教師として久しぶりにこのストラテジーの現況を見ていきましょう。

 

Point

低めのロット数から積んでいくナンピンストラテジー

 Point 2022年7月24日時点のランキング

このPointについては、過去に以下の記事で書いています。

グレイゾーンにメスを入れ過ぎない 無料ストラテジー「 Point 」(GEMFOREX)

あのカルディはこれが元になってるんですねぇ。無料ストラテジー「 Point 」(GEMFOREX)

 

リスクも利益も薄めの堅いナンピンストラテジーです。

このストラテジーについて、前回は6月12日時点の記事を書きました。

それ以降の状況を見ていきましょう。

 

 Point 2022年7月24日時点のパフォーマンス  Point 2022年7月24日時点のオープンポジション  Point 2022年7月24日時点の6月売買カレンダー  Point 2022年7月24日時点の7月売買カレンダー  Point 2022年7月24日時点の通貨ペア別売買履歴  Point 2022年7月24日時点のレビューコメント

 

勝率79.38%、PF1.64、レシオ0.43という成績です。

全ての数値がガクッと落ちましたね。

ですが、利益は積んでいます。むしろ急激に上がっている部分がありますよね。

これが何を意味しているのか。

原因は売買カレンダー6月30日の取引にあります。

こういう取引をしていました(^^i)

 

 Point 2022年7月24日時点の取引履歴

 

6月28日~30日にかけてロット数を増加させてポジションを積んでいき、最終的には13.54ロットを保有しています。

レビューコメントで配信者が過去2年間の最大潜在損失、おそらく最大含み損のことを言ってるんでしょうけど、これが15%超えていない、と言っていますが、こんな取引をしていてよく15%超えませんでしたね(^^i)

ちなみに、この6月28日~30日の取引の最大含み損がどのぐらいになったのかは、私は見ていなかったので分かりません。

ですが、相当行ったと思いますね(^^i)

低く見積もっても5000ドルぐらいは行ったんじゃないでしょうか?

推奨の元手1万ドル、倍率1倍の稼働で50%以上の含み損が予想されます。

配信者がコメントで答えているのが嘘でなければ、過去2年間はそういう事が無く、安定した取引だった、ということなんでしょうかね?

それか・・・配信者の口座資金は1億円ぐらい入っていた、とかね(^^i)

なんにせよ、6月28日~30日のような取引があった以上、このストラテジーは危険過ぎて使えたモノではありません。

今回は運よく戻って来れて爆益を上げたように見えますが、おそらくは得た利益の数倍、下手すると10倍ぐらいの含み損を抱えてますので。

ロット数増加グリッド手法のストラテジーは、最大でどのぐらいまでロット数が上がるのか。

そこがキモなので、注意深く履歴を見て利用判断をしましょう。

前回記事を書いた時までは、そこまでロット数が高くなく、良さそうだと思ったこのストラテジーですが、一気にデンジャーストラテジーの仲間入りですね(^^i)

くれぐれも、ご利用は注意してください(^^i)

 

 

このストラテジーを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するストラテジー以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法など全て無料でお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。

 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ