結論から言うと、交差接種の方が抗体量が上がるそうで。無料EA「phoenix blizzard」(GEMFOREX) バックテスト結果 USDJPY

 

意外な事実ですねぇ・・・。

「追加接種」ファイザーとモデルナどちらが正解? 各社が開発急ぐ「オミクロンワクチン」の是非
https://toyokeizai.net/articles/-/479780

南アフリカ共和国から広がった「オミクロン株」が、新型コロナウイルス変異株の勢力地図を塗り替えようとしている。日本国内でも市中感染が報告され始めた。

一番の気がかりは、ワクチンの効果の低下や、接種を完了していても防ぎきれない「ブレイクスルー感染」だ。

現時点での最善策は「追加接種」――というのが世界の共通認識だ。イスラエルは世界に先駆け、4カ月間隔で4回目接種の実施を発表した。

「同じようなワクチンを繰り返し打つだけで意味があるの?」と思う人もいるかもしれない。しかし最新研究を見る限り、ファイザー製もモデルナ製も、3回接種を受ければオミクロン株にもギリギリ対抗できそうだ。

ファイザーについては12月14日、イスラエルの共同研究の成果が示された(査読前論文「medRxiv」)。ファイザー2回目接種から5~6カ月経った人の血液では、オミクロン株に対する十分な「中和抗体価」(無力化し予防する能力)は確認できなかった。

それが3回目接種で100倍に回復。デルタ株への効果に比べれば4分の1にとどまるが、それでも十分との見方だ。

という、オミクロン株への対応策として現状では唯一と言える追加ワクチン接種についての記事です。

この記事内で色々と有益な情報が散見されます。

日本国内では当初追加接種は2回目接種から8か月後以降とされていて、その後6か月後以降と短縮されました。

しかし、世界的には最新の研究結果を踏まえてもっと早く接種を進めている国が多いです。

イギリスでは2回目接種から3か月以上を経た18歳以上の国民を対象に追加接種の年内前倒しを表明しているそうで。

また、3回目接種時の交差接種についても驚くべき情報が書いてありました。

交差接種というのは、1・2回目ファイザー→3回目モデルナ、1・2回目モデルナ→3回目ファイザーという異なるワクチンメーカーでの接種のしかたのことです。

結論から言うと、交差接種の方が抗体量が上がるそうで。

1・2回目ファイザー+ファイザー追加→20倍

1・2回目ファイザー+モデルナ追加→31.7倍

1・2回目モデルナ+モデルナ追加→10.2倍

1・2回目モデルナ+ファイザー追加→11.5倍

となるそうです。

1・2回目ファイザー→3回目モデルナの抗体量の上がり方が尋常ではないですね(^^i)

ということで、単純に抗体量だけで考えるのなら交差接種の方が効果的なようで。

それと、この記事中で書かれていた内容でもう一つ。

そもそも、オミクロンは大したことないから3回目要る?来年3月ぐらいには落ち着いてるかもよ?という専門家もいるそうで(^^i)

なかなか判断が難しいですが、常に最新の情報をチェックし、納得の上で自分で判断して決めたいですね。

状況は刻々と変化しますので、デマには惑わされずに正確な情報を仕入れましょう。

テレビのマスコミの報道は偏りがありますからねぇ(^^i)

 

さて、今回はこのEAの検証を行います。

 

phoenix blizzard

12通貨ペア対応、朝スキャルEAの2021年末対応バージョン!!

このphoenix blizzardについては、過去に以下の記事で書いています。

自分で育てた野菜が一番美味しい、なんていうのはテレビが流すデマです。無料EA「phoenix blizzard」(GEMFOREX)

 

朝スキャルEAのblizzardシリーズ、2021年末リリースバージョンです。

今回は、このEAのポテンシャルを測るべくバックテストを行います。

今回は、USDJPYのバックテスト検証です。

初期資金100万円。

期間は2005年5月1日~2021年5月31日、16年1か月間。

ロット数は最低ロット数の0.01とします。

それ以外はデフォルトの設定で。

こういう結果になりました。

 

 

16年1か月の稼働で、取引回数4,067回。

勝率89.03%、PF2.09。

利益が¥73,555、最大ドローダウンが¥4,181。

最大ドローダウンは利益の約17分の1、という結果です。

 

今回のバックテスト結果から、ざっくりと資金に対する最適なロット数を割り出してみましょう。

仮に0.4ロットで稼働させたとすると、利益、ドローダウン共に40倍になり、

利益が¥2,942,200、最大ドローダウンが¥167,240となります。

100万円の初期資金で最大ドローダウンが¥167,240ならば、許容できる範囲のリスクと言えると思います。

ということで、これを基準としまして、

初期資金2万5千円で0.01ロット、10万円ならば0.04ロット、100万円ならば0.4ロット・・・という具合が設定するロット数としては良いんじゃないかと思います。

マニュアルの推奨設定ロット数よりも低いロット設定となりました。

ただ、調子の良し悪しはあると思うので、調子が良い時はこの設定の1.5倍~2倍ぐらいまでは許容範囲でしょうかね。

良くない時は半分、4分の1ぐらいの稼働でも良いと思います。

今回から不定期でphoenix blizzardのバックテスト検証を行っていきます。

blizzardシリーズはどれも素晴らしい成績を収めているので、このphoenix blizzardも大いに期待してしまいますね(^^)

初回のUSDJPYもなかなか良さそうな成績です。

もちろん、実運用でのフォワード成績が最も重視されるものですが、ポテンシャルを測る参考値としてバックテストの成績も無視は出来ません。

稼働させる際の判断材料の一つとして、ご活用いただければと思います。

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。

 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ