新型コロナウイルスオメガがエボラぐらいの強毒性とならないことを祈りましょう(^^i) 無料ストラテジー「パターンスキャルピング」(GEMFOREX)

 

こんなギリシャ文字があったんですねぇ・・・(^^i)

「オミクロン株」未知数なれど震える世界 危機再来を懸念
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc64c362dbfa077442bd0b9984191212b7b02c2a

新型コロナウイルスの「オミクロン株」の出現に世界は身構えている。各国で入国制限が強化され、今後の感染拡大によってはロックダウン(都市封鎖)が現実味を帯びる。経済の回復期待が高まっていただけに、危機再来が警戒されている。

という、南アフリカ発の変異株、オミクロン株についての記事です。

オミクロンって何?と私は思いましたが(^^i)

名前の由来はギリシャ文字だそうで。

直近のコロナ変異株の名前はギリシャ文字のミュー(μ)だったそうですが、アルファベット順で続く「ニュー(ν)」「クサイ(ξ)」を飛ばして「オミクロン(ο)」となったそうです。

ニュー、クサイについては似た言葉や人名を避けるために飛ばしたそうです。

確かにオミクロンって人はなかなか居なそうですよね(^^i)

コロナが流行っていなかったら、おそらく一生使うことは無かったであろうギリシャ文字です(^^i)

このオミクロン株は今までのアルファ、ベータ、デルタとはまた違った系統で変異した新種だそうで。

アルファ、デルタなどと同じ遺伝子の特徴がいくつもあるんですが、変異が凄まじいらしいです。

オミクロン株は人間の細胞に結合するウイルス表面の突起部分だけで32か所もの変異があるそうで。

そういった特徴を持っているので、感染力も上がっているのではないか、と懸念されています。

まだ詳しいことは何も分からない、憶測の段階のようですがね。

強毒性になったのではないか、とか、感染力が上がったんじゃないか、など様々な懸念がされ、それにより、やっと動き始めた経済が一気に緊縮ムードとなっています。

確実に言えるのは、オミクロンの後のパイ、ロー、シグマと新たな新種がいずれは見つかるだろう、ということです。

最後の新型コロナウイルスオメガまで行った後、その次は何という名前になるんでしょうかね?(^^i)

冗談はさておきまして(^^i)

まぁ、きっと大丈夫なんですよ。

ウイルスが進化しても、人間が作るワクチンも進化し続けます。

そのいたちごっこで人間はここまで永らえて生きてきたんですから。

新型コロナウイルスオメガがエボラぐらいの強毒性とならないことを祈りましょう(^^i)

 

さて、今回は初めて紹介しますこのミラートレードストラテジーについて。

 

パターンスキャルピング

AIを利用した裁量スキャル!!

このミラートレードストラテジーについては、今回初めて記事を書きます。

11月22日に公開されたばかりの超新作ですね。

公開されたのは11月22日ですが、GEMFOREXのフォワードはその一か月前の10月20日からスタートしています。

あまりの成績に驚愕しますよ(^^i)

早速見てみてください。

 

 

10月20日~11月28日までの期間で89回取引を行い、70勝19敗。

勝率78.65%、PF3.37、レシオ0.91という成績です。

かなり良いですよね(^^)

なかなか良いけど、このぐらいの成績を収めているストラテジーは他にもいっぱいあるよ?と思いますか?

そう、確かに数値だけで見ればこのストラテジーよりも優秀なものはたくさんありますが、このシステムはやはり特別なんです。

このストラテジーはスキャルなんですよね。

基本的に短時間で勝負し、ナンピンは最大5回まででマーチンゲールは行いません。

89回の取引履歴を全て見てみますと、ほとんどが当日中、エントリーから数分~数時間以内に決済されています。

1番長い取引で11月3日17:11にエントリーし、11月4日11:13にクローズしています。

これが最も長いですね。これだって24時間は持っていません。

そしてパフォーマンスの最大ドローダウンが-%となっています。

このストラテジーがフォワード運用開始された直後、10月20日にいきなり大きめの負けを喫していますが、それ以降は一度も日単位で損失を出していません。

ということで、最大DDはまだ記録されていない、ということになるんでしょうね。

GEMFOREXのフォワードでは初期資金100万円、倍率1倍で稼働しているようです。

この設定で稼働させると、現在の取引状況だと1ポジション1ロットでエントリーします。

ストラテジー詳細説明によると最小証拠金5万円、倍率0.05倍から運用できると書いていますが倍率0.05なんて設定出来ましたっけ?(^^i)

おそらく最低証拠金は10万円、倍率0.1倍から運用可能なんだと思います。

次に、コメント欄にいくつか質問が寄せられていたので見てみましょう。

 

 

ということです。

経済指標発表などのイベント時は配信者がシステムを止めてくれるのでユーザー側が止める必要は無い、と。

ナンピンは最大5回、つまり最初のポジションと合わせて最大6ポジション保有し、保有ポジション全体の含み損が20%に達したらロスカットする、ということです。

初期資金100万円の1倍稼働なら含み損が20万円になった時点でロスカットされる、ということですね。

まだ非公開期間も合わせて一か月ちょっとしか稼働していないシステムですが、明らかに優秀です。

ナンピン&マーチンやロット可変グリッドではないシステムでこれだけの成績のものはなかなか珍しいですよ。

そして、特筆すべきなのが取引回数の多さです。

普通、朝スキャルシステムなどはエントリーを厳選するのでどうしても取引回数が少なくなりがちです。

1回1回の取引でしっかりと利益を得ようとするのでこれは当然のことなんですね。

それなのに、このストラテジーは10月に34回、11月にこれまで55回も取引を行っています。

よくある朝スキャルシステムとは全く異質なモノのようですね(^^i)

まだ公開されて間もないので過度な期待は禁物ですが、これはイカツいのが登場したような気がします(^^i)

要注目ですよ!!

 

 

このストラテジーを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するストラテジー以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。

 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ