おそらく円安ドル高日経平均安、という状態になっていくと思いますね。無料EA「post-Rollover Miracle Squared」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDCAD

 

いよいよ日本の株価上昇にも歯止めがかかってくるかもしれませんねぇ・・・。

FRB、量的金融緩和の縮小開始決定 パウエル議長「景気回復進展」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a82881c00d7588e340beacec5d32527f188ff77

米連邦準備制度理事会(FRB)は3日、米国債などを大量購入して市場にお金を流す「量的緩和」の縮小開始を決定した。現在は月1200億ドル(約13・7兆円)の資産購入量を11月から毎月一定ペースで減らし、2022年6月をメドに資産購入を終了する。新型コロナウイルス禍からの景気回復と急ピッチの物価上昇が進む中、金融政策の正常化に踏み切った。

金融政策を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)で全会一致で決定した。政策金利を0~0・25%とする事実上のゼロ金利政策は維持した。パウエル議長は会合後の記者会見で「景気回復が進展しており、資産購入を縮小する時期に来たと判断した」と述べた。

FRBは足元で3・6%に上昇している高インフレに歯止めがきかなくなることを警戒しており、必要があればすぐに利上げできるよう量的緩和の終了を急いだ。パウエル議長は、高インフレが予想以上に長期化していることを認めつつ、「経済再開が進めば物価上昇は2%目標の水準に低下する」と従来の見解を繰り返した。

FRBが量的緩和の終了を決定したことで、今後の焦点はゼロ金利を解除する時期に移る。

という、アメリカFRBが量的緩和縮小の開始を決定したという話です。

これまで、コロナ禍で経済状況が悪化し、デフレ状態に陥っていたアメリカもようやく回復の兆しが見え、というか猛烈な勢いで回復していて急激な物価上昇が起こっていて、それを食い止めるためにFRBが手をうってきたんですね。

量的緩和はデフレ状況を抑えるための金融政策なので、インフレに向かっている現在にはそぐわない、と辞めるわけです。

今後、アメリカ経済は益々回復していき、益々インフレになると予想されます。

そうなれば、今度は急激なインフレを抑えるためにFRBは金利を上げ、ドルの貨幣価値を上げようとします。

そうするとドル買いでスワップが得られるようになり、世界中の投資家がドルを買うようになります。

かくしてドル高の状況となり、相対的に円は下がります。

これは円が悪い、というよりもドルの金利が高くて強い通貨になってしまったから相対的にドル高円安の方向へ進むわけです。

ゼロ金利下では通常はドル高円安になると日経平均株価も上がる傾向が強かったです。

なぜなら、円が安いということは円で持っていてもしょうがない、ということを意味しますので、円以外の資産へ投資するからです。

日本国内の投資対象ならなんと言っても日本株なので株へ資金が流れ込み、円安ドル高日経平均高という状況になるケースが多かったように思います。

ですが、ドルの金利が上がるとこの状況は一変します。

おそらく円安ドル高日経平均安、という状態になっていくと思いますね。

ドルで持っていれば金利がつく、というのがまず一点。

そして、円という弱い通貨の国の株を買うメリットがもはや無い、という状態になると思います。

それよりも、金利のつくドル建てでアメリカ株を持っていた方がずっと将来性も高く、有利だと判断されて世界中の投資家はこぞってアメリカ株を買いまくる状態になるでしょう。

中国もだんだんメッキが剥がれ、おかしくなってきましたのでやはりアメリカが買われると私は思います。

市場経済というのは川の水位みたいなモノです。全体量は決まっていて、ある地点が高くなれば他は下がります。

今後は仮想通貨市場にどれだけの資産が流れこむのか、というのも注目点ですがねぇ・・・。

 

さて、今回からはこの新作EAの検証を始めますよ!

 

post-Rollover Miracle Squared

post-Rollover Miracleのスプレッド耐性バージョン!!

このpost-Rollover Miracle Squaredについては、過去に以下の記事で書いています。

良い人に思われたいか?でも、それよりも安心して夜眠れる方がいいんじゃないか?庶民は金の心配でみんな安心して夜眠れないんだよ。あんたもその気持ち、少しは分かっただろ?、とね。無料EA「post-Rollover Miracle Squared」(GEMFOREX)

 

スプレッド耐性のあるpost-Rollover Miracleです。

今回は、このEAのポテンシャルを測るべく、バックテスト検証を行います。

今回は、AUDCADのバックテスト検証です。

初期資金100万円。

期間は2005年5月1日~2021年5月31日、16年1か月間。

パラメタをマニュアル記載のAUDCAD用パラメタに設定します。

ロット数は最低ロット数の0.01とします。

こういう結果になりました。

 

 

16年1か月の稼働で、取引回数3737回。

勝率80.12%、PF2.27。

利益が¥61,755、最大ドローダウンが¥2,249。

最大ドローダウンは利益の約27分の1、という結果です。

 

今回のバックテスト結果から、ざっくりと資金に対する最適なロット数を割り出してみましょう。

仮に0.7ロットで稼働させたとすると、利益、ドローダウン共に70倍になり、

利益が¥4,322,850、最大ドローダウンが¥157,430となります。

100万円の初期資金で最大ドローダウンが¥157,430ならば、許容できる範囲のリスクと言えると思います。

ということで、これを基準としまして、

初期資金1万5千円で0.01ロット、10万円ならば0.07ロット、100万円ならば0.7ロット・・・という具合が設定するロット数としては良いんじゃないかと思います。

マニュアルの推奨設定ロット数よりも高いロット設定となりました。

ただ、調子の良し悪しはあると思うので、調子が良い時はこの設定の1.5倍~2倍ぐらいまでは許容範囲でしょうかね。

良くない時は半分、4分の1ぐらいの稼働でも良いと思います。

今回から始まりましたpost-Rollover Miracle Squaredのバックテスト検証です。

過去のバックテスト検証と比較すると、post-Rollover Miracle Greedy Versionと比べると利益は半分ぐらいになり、

本家のpost-Rollover Miracleと比較すると利益は倍ぐらいになっています。

ちょうどGreedy Versionと本家の間ぐらいの稼ぎを狙える、と。

それでいてスプレッド耐性があってリアルの朝スキャル相場でもそれなりの利益を期待出来る。

製作者はそう睨んでいるようですね。

Greedy Versionは朝スプレッドにやられ、8月以降はほとんど結果を出せていませんからねぇ。

果たしてSquaredは通用するのかどうか。

こればっかりはリアルの朝相場で稼働させてみないと分かりませんが、頑張って欲しいものですね。

最近不調なGEMFOREX、EA群復活の狼煙を上げて欲しいです!!

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。
 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ