特定できないのではなく、特定できないということにしよう、という町田市教育委員会の判断ですね(^^) 無料EA「宙・鉄火場の激子さん EURUSD」(GEMFOREX)

 

こんなものはアクセスログを調べれば一発で分かると思いますが。

【独自】町田の小6自殺、学習端末の中傷を何者かが削除…操作者特定は困難に
https://news.yahoo.co.jp/articles/7af5716bc263cbf6925725383d9ea2a962fc2a78

東京都町田市立小6年の女子児童(当時12歳)がいじめを訴えて自殺した問題で、学習用デジタル端末のチャットで女児を中傷していた同級生らのメッセージが何者かに削除されていたことが、市教育委員会への取材でわかった。メッセージの復元は可能だが、同校ではパスワードが全員で共有され、「なりすまし」による操作ができたため、投稿や削除をした人物の特定は困難だという。

同校で児童らに配布されたタブレット端末は、文字で会話するチャット機能が利用できた。女児は昨年11月30日に自宅で自殺。両親の代理人の金子春菜弁護士によると、学校の調査で、死亡2か月前に複数の同級生が女児について、「うざい」「死んで」とチャットでやり取りしていたとの証言がある。

市教委によると、学校が同級生らのチャットのやり取りを確認しようとしたが、中傷するメッセージはすでに削除されていた。

当時、同校ではチャットの投稿、閲覧、削除に使うIDは通し番号などで類推できるものだった。さらにパスワードは、初期設定の「12345678」の末尾に「9」を加えただけで、全員共通だった。

市教委は昨年5月、パスワードを他人から推定されにくいものにするよう市内の公立学校に通知していたが、同校は女児の死亡後の昨年12月まで対策を講じなかった。このため、誰でも他人のチャット内容をのぞき見ることができ、他人になりすまして投稿や削除ができる状態だった。

チャットのシステム上、削除されたメッセージの復元は可能だが、パスワードが共有されていたことから、「そもそも誰が投稿し、削除したかが分からない状態だ」(市教委)という。

この問題では、石阪丈一市長が、市条例に基づく「いじめ問題調査委員会」を設置する方針を明らかにしている。市教委は「調査委からの要請があれば、すぐにメッセージの復元作業を始められるよう準備を進めている」とした。

子供のネット問題に詳しい竹内和雄・兵庫県立大准教授は「詳しいことは分かっていないが、今回はIDやパスワードのずさんな管理が、使用する児童の匿名性を高め、チャットでの中傷を助長したと考えられる。再発防止のためにも、中傷メッセージを投稿・削除した人物も含め、調査委員会は可能な限りの調べを尽くしてほしい」と語る。一方で竹内准教授は「小さな子供は複雑なパスワードを覚えられないこともある。国や自治体は、顔や指紋を使った生体認証や、『死ね』などの有害な言葉を書き込めないようにする機能の導入などを検討するべきだ」と指摘した。

という、町田小6自殺の中傷メッセージが誰のものなのか特定できない、という話です。

特定できないのではなく、特定できないということにしよう、という町田市教育委員会の判断ですね(^^)

そろそろ、学校に対しても罰則を設ける必要がありますよねぇ。

そうしないと、問題が改善されません。

子供の命を奪われる危険のあるところへ行かせたくないですよねぇ、親は。

子供がいじめを苦に自殺したら、その学校組織を解体する。

具体的には、学校という建物を壊して作り直して、みたいなことをするのは大変だし金もかかるし問題の本質と違うので必要ありません。

そうではなく、いじめを防げなかった学校を運営している人たちに問題があるのですから。

ということで、いじめ自殺が起きたら、市教育委員会のトップ、役員を全てクビにする。

当然、学校の担任、教頭、学年主任、校長もクビ。

このぐらい厳しい罰則を設けないと、本当の意味で学校がいじめ対策に乗り出すことはありません。

こういう罰則を設ければ、自分たちがクビにならないためになんとしてもいじめ自殺が無くなる方法を考えるでしょう。

何しろ自分たちの生活がかかってるんですから。

学校関係者に対してこういう罰則を設けた上で、私が提案するのは学校の存在意義を薄くすること。

今は子供たちにとって学校が世界の全てですよね?

そうなると、その狭い世界で否定されることで自分の生きる意味を否定されたような気持ちになり、絶望して自殺してしまいます。

もっと人間関係は薄くていいんですよ。日替わりでいろんなところの学校行ってもいいと思いますし。

フルリモートで学びたい子にはそうさせればいいし。

なんでもあり。これをキーワードとして、日本の教育を大改革していって欲しいですね。

将来的には、何やってても問題ありません。ただ金を稼げるようになれば生きていけるんですから。

 

さて、今回はコツコツと利益を積み上げてくれるこのEAの現況を。

 

宙・鉄火場の激子さん EURUSD

最強ナンピンマーチンEAの進化バージョン!

この宙・鉄火場の激子さん EURUSDについては、過去に以下の記事で書いています。

もちろん結婚はできず、彼女もいなくて年金暮らしの母親と築80年、雨漏りのする家で2人で暮らしている。無料EA「宙・鉄火場の激子さん」(GEMFOREX)

その意固地さ、変わらなさ、非効率さ、そして教師本位さこそが「学校」なのでしょうから(^^i) 無料EA「宙・鉄火場の激子さん EURUSD」(GEMFOREX)

これ、1918年にパンデミックを起こしたスペインインフルエンザと似た状況ですね。無料EA「宙・鉄火場の激子さん EURUSD」(GEMFOREX)

国民一人当たり30万円の定額給付金。衆院選前にそれを出せるのなら、私は自民党に入れます(^^) 無料EA「宙・鉄火場の激子さん EURUSD」(GEMFOREX)

ヒドイこと言ってますけど、この通りだと思いませんか?(^^i) 無料EA「宙・鉄火場の激子さん EURUSD」(GEMFOREX)

 

宙を舞うほどの活躍を見せる激子さんです(^^i)

前回、このEAについての記事を書いたのは9月26日時点のことでした。

それ以降の状況を公開します。

まずはGEMFOREXのフォワード状況から見ていきましょう。

 

 

勝率70.14%、PF2.59、レシオ1.1という成績です。

勝率、PFが向上し、レシオは下がりました。

まぁ、微々たる変化ですがね(^^i)

このEAは性能よりも実質的な利益率の方が重要なので。

もちろん、しっかりと稼ぎ続けてくれています。

6月21日にリリースされたこのEAは稼働3か月を過ぎ、利益も順調に殖え続けているのでそろそろ使う人が多くなってきたようですね。

こういうコメントが寄せられていました。

 

 

そうなんですよ、GEMFOREXはMAX30ロット縛りがあるので思い切った稼働は出来ないんですよねぇ(^^i)

ただ、それ以外にもマーチンゲールの売買リスクを踏まえると、単純に資金を10倍にしたから10倍のロットで稼働出来るかと言うとそういうことでもなかったりするんですよね。

ですので、このEAはあまり欲張らずに淡々と殖やしていくのがおすすめです。

欲張りたい気持ちは分かるんですがね(^^i)

マーチンゲールのリスクというのは思っているよりはるかに大きく、危険なモノですので。

 

それでは、私のところで稼働させている状況を見てみましょう。

私のところでは、6月28日から100万円の証拠金で稼働させています。

今回は10月5日時点での口座状況を公開します。相変わらず取引回数が膨大なため、今回も口座状況のみでご容赦願いますm(__)m

 

 

9月27日~10月5日の期間で、¥31,590の利益を得ています。

今までの稼働分の利益、¥291,492と合わせると、総合計が¥323,082となります。

また、現在保有中のポジションが4つあり、¥1,215の含み損です。

 

今回は9日間で3万円ほどの利益でした。

利益ペースとしては前回と同じぐらいのスピードですね。実に安定しています。

今回のホットポイントとしては9月29日~9月30日の取引で10段階まで進み、最高で0.72ロットまで行きました。

まぁ、それでもその程度です。当然含み損も10万円もいきませんでした。

本当にほったらかしで何も面倒くさいことは考えたくない!!という方は、口座に100万円入れてこのEAを稼働させて放置しておくのが一番だと思います(^^i)

今のペースだとざっくりとですが3か月の稼働で30万円の利益を得ています。

元手100万円なので月利10%です。

みんなで大家さんより稼げるみたいですね(^^i)

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。
 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ