それがザクザクと壺から出てきたらそりゃあ狂喜乱舞しますね(^^i) 無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)バックテスト結果 GBPCHF

 

いつの時代も庶民の生活は大変ですよねぇ・・・。

江戸時代の庶民「家賃相場」はどれほどだったのか 落語に登場する庶民が住んでいた集合住宅
https://toyokeizai.net/articles/-/455909

比較的物価が安定していたとされている文化・文政年間(1804~1830)を基準とし、金・銀・銭の換算は、幕府の換算基準値の1両=銀60匁=銭4000文としています。また、当時はそば1杯が16文だったことから、現代の価値に換算して1文を30円、そこから金1両を12万円と計算しています。

ということで、そば一杯480円を基準として当時の家賃相場を考えてみた、という記事です。

江戸に住む武士は全て家賃無料だったそうです。

さすが士農工商のヒエラルキートップに君臨する存在ですね。

それに対して町人は多くの場合、裏長屋と言われる表通りに面していない場所に建てられた集合住宅に部屋を借りていました。

間取りは間口2.7メートル、奥行き3.6メートル、つまり約6畳間が二部屋、それにキッチン付き、トイレは共同、風呂無し、という物件が一般的だったそうで。

その家賃が2万4千円~3万円程度だったそうで。

東京でその家賃相場なら安いと言えそうな気がしますね。

ちなみに水道は無いので井戸から水を汲み上げて使っていて、水代は数百円程度のごく低額か、大家が負担していたということです。

こうして現代の相場に換算してみるとなかなか面白いですね(^^)

ちなみによく時代劇で見る小判1両は約12万円だそうで。

それがザクザクと壺から出てきたらそりゃあ狂喜乱舞しますね(^^i)

そして、いつの時代も庶民の生活は厳しく、官側の人間は優遇されている、と。

庶民の生活を第一に考えてくれる政府は絶対に現れないんですかねぇ・・・。

 

さて、今回はこのEAの検証の続きを進めていきます。

 

SHARP Kai

朝スキャEA「SHARP」の兄弟EAです。

このSHARP Kaiについて、過去に以下の記事で書いています。

果たしてブラックナイトのオーケーは仕留めることが出来るのでしょうか!? 無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)

私立大学に4年、一人暮らしで通わせるとしたら、学費と生活費合わせて総額907万円かかる、という調査データがあります。無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDCAD

タバコ吸いながら中華鍋で野菜炒めたりね。あれ、きっと灰が隠し味になってると思いますよ(^^i) 無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDNZD

このヨタ記事は、みんなお金が余っていてお金を派手に使おうとしている!さぁ、あなたも景気悪い顔してないで貯金はたいて高級車を買おうぜ!!というクソ煽り記事です。騙されてはいけませんよ。無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)バックテスト結果 CHFJPY

自分の親が毒親だということは、最後のチャンスでも変われなかったダメの中のダメ人間だということですね。無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)バックテスト結果 EURAUD

ノーマスクはサル判別装置でもあるんですねぇ(^^) 無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)バックテスト結果 EURCAD

やはり喜び組が志を持って弑逆するしか道は無いでしょうかねぇ・・・。無料EA「SHARP Kai」(GEMFOREX)バックテスト結果 EURCHF

 

売り取引を強化した進化版のSHARPです。

今回は、GBPCHFのバックテスト検証です。

初期資金100万円。

期間は2005年5月1日~2021年5月31日、16年1か月間。

ロット数は最低ロット数の0.01とします。

それ以外のパラメタはデフォルトのままです。

こういう結果になりました。

 

 

16年1か月の稼働で、取引回数4891回。

勝率85.28%、PF3.01。

利益が¥283,681、最大ドローダウンが¥7,239。

最大ドローダウンは利益の約39分の1、という結果です。

 

今回のバックテスト結果から、ざっくりと資金に対する最適なロット数を割り出してみましょう。

仮に0.2ロットで稼働させたとすると、利益、ドローダウン共に20倍になり、

利益が¥5,673,620、最大ドローダウンが¥144,780となります。

100万円の初期資金で最大ドローダウンが¥144,780ならば、許容できる範囲のリスクと言えると思います。

ということで、これを基準としまして、

初期資金5万円で0.01ロット、10万円ならば0.02ロット、100万円ならば0.2ロット・・・という具合が設定するロット数としては良いんじゃないかと思います。

マニュアルの推奨設定ロット数よりも低いロット設定となりました。

ただ、調子の良し悪しはあると思うので、調子が良い時はこの設定の1.5倍~2倍ぐらいまでは許容範囲でしょうかね。

良くない時は半分、4分の1ぐらいの稼働でも良いと思います。

GBPCHFは性能が高かったですが、最大ドローダウンも高めだったのでロット数は抑えめで稼働させるのが吉ですかねぇ。

使える通貨ペアだとは思います。

さて、このEAの検証もあと少し。

お付き合いください(^^)

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。
 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ