そう。あれ?なんかこのお菓子、量少なくなってない?というアレです。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 EURCHF

 

コロナ禍で収入が減っている庶民に対して、値上げの波が襲うわけですねぇ・・・。

これから「食品値上げ」の波が家計を圧迫する 「実質値上げ」ではなく「ダイレクト値上げ」に
https://toyokeizai.net/articles/-/455319

食品メーカーによる値上げ発表が続いている。例えば、雪印メグミルクは原材料価格の高騰を理由にバターやマーガリンなどの値上げを発表。山崎製パンは穀物や鶏卵価格の高騰、物流費・人件費のコスト増加により和洋菓子の一部値上げを決定するなど、原材料価格や物流費などのコスト増加が企業に値上げを促している。9月8日には農水省が10月期(2021年10月~2022年3月)の輸入小麦の政府売渡価格を前期から19.0%引き上げると公表した。

消費者物価に先行する投入物価指数(生産のために投入された原材料や燃料などの価格)の「食料品」はすでに大幅に上昇しており、消費者物価にも相応の影響があるだろう。日本銀行短観の販売価格DIは直近6月調査の先行きが2015年9月調査以来の高い水準に上昇しており、値上げラッシュは待ったなしの状況である。

という、食料品の値上げラッシュが始まる、いや、もう始まっている、という話です。

これまでにも、いわゆる「ステルス値上げ」と言われる実質値上げは何度か行われてきました。

そう。あれ?なんかこのお菓子、量少なくなってない?というアレです。

この実質値上げによって同じ額でも量を減らされ、知らず知らずのうちに値上げされていたんです。

ですが、この実質値上げは非常に評判が悪かったようで。

そりゃそうですよね。いつもと同じ感覚で買っているモノの量が減っていたら消費者が不満に思うのは当たり前です。

そこで、消費者に余計なマイナスイメージを与えるぐらいなら、最初から堂々と値上げしてやろう!というのが今回の値上げの大方の方針です。

確かに、スーパーに行くと値段が分かりやすく上がっていますよね。

でも、これは生産者の原料も上がっているからもうしょうがないことなんだ、という話です。

生産者の努力で吸収できるレベルではなくなってきているんですね。

冒頭でも書きましたが、コロナ禍で庶民の所得は明らかに下がっています。

中小のボーナスカットは当たり前。なんとか節約に節約を重ねて庶民は四苦八苦の生活をしています。

そんな中、食料品を値上げされたらたまったものではありませんよね。

何が悪いんでしょう?

一番悪いのは消費税ですよね。

このコロナ禍で所得が下がっている現状なんです。一時的にでも消費税をゼロにし、庶民の生活を立て直す支援を図る。

コロナが過ぎ去り、また景気が上向いてきたら始めればいいじゃないですか。今は税を緩めるべきなんです。

次期総理はそういうことが出来る人になるんでしょうかね?

そういう庶民に寄り添う政策をしないのなら、退場してもらいましょうよ。

国民の審判、選挙でね。

自分達が潤うためには、まず国民が潤わないと税金取れないんですよ?

そのことを理解して欲しいんですがねぇ・・・。

 

さて、今回はこのEAの検証の続きを。

 

swallow blizzard

鷲を凌駕する燕EA!!

このswallow blizzardについて、過去に以下の記事で書いています。

新生がSBIの資金が底を突くまで凌げるのか。勝敗はこの一点のみですねぇ。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)

あの子と仲良くするんなら、もうあんたは友達じゃないんだから!!私をとるかあの子をとるか。どっちかにしなさいよ!! 無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDCAD

1城皆殺しにすれば、他は戦わずして落ちる、という戦国時代のやり方です。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDNZD

ブラック企業が二つまとまったところで優良企業には勝てませんよ。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 EURAUD

頑張る人を素直に応援できる世の中になるといいですね。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 EURCAD

 

eagle blizzardの裏バージョン朝スキャルEAです。

今回は、EURCHFのバックテスト検証です。

初期資金100万円。

期間は2005年5月1日~2021年5月31日、16年1か月間。

ロット数は最低ロット数の0.01とします。

それ以外のパラメタはデフォルトのままです。

こういう結果になりました。

 

 

16年1か月の稼働で、取引回数5957回。

勝率91.29%、PF3.59。

利益が¥145,273、最大ドローダウンが¥7,315。

最大ドローダウンは利益の約20分の1、という結果です。

 

今回のバックテスト結果から、ざっくりと資金に対する最適なロット数を割り出してみましょう。

仮に0.2ロットで稼働させたとすると、利益、ドローダウン共に20倍になり、

利益が¥2,905,460、最大ドローダウンが¥146,300となります。

100万円の初期資金で最大ドローダウンが¥146,300ならば、許容できる範囲のリスクと言えると思います。

ということで、これを基準としまして、

初期資金5万円で0.01ロット、10万円ならば0.02ロット、100万円ならば0.2ロット・・・という具合が設定するロット数としては良いんじゃないかと思います。

マニュアルの推奨設定ロット数よりも低いロット設定となりました。

ただ、調子の良し悪しはあると思うので、調子が良い時はこの設定の1.5倍~2倍ぐらいまでは許容範囲でしょうかね。

良くない時は半分、4分の1ぐらいの稼働でも良いと思います。

EURCHFは勝率、PFなど基本的な性能は高いんですが、最大ドローダウンが高めなので最悪のリスクを考えた場合、どうしても資金効率は悪くなってしまいます。

この通貨ペアをポートフォリオに採用するかどうかは他の通貨ペアとの兼ね合いを考えていきたいですね。

さて、このEAの検証もあと少しです。

もう少しだけお付き合いください(^^)

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。
 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ