ブラック企業が二つまとまったところで優良企業には勝てませんよ。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 EURAUD

 

ブラック企業が二つまとまったところで優良企業には勝てませんよ。

ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算 協業の狙いはクール便の配送以外にもある
https://toyokeizai.net/articles/-/455660

9月10日、宅配業界2位の佐川急便・本村正秀社長と3位の日本郵便・衣川和秀社長が記者会見し、小型荷物の宅配やクール便の取り扱いなどでの協業に基本合意したと発表した。日本郵便の衣川社長は「競争分野を残しつつも、足りない部分を相互補完し、安定した物流サービスを提供していきたい」と語った。

両社は2004年ごろからメール便の分野で提携していたが、今回の協業によって領域が広がる。まず2022年1月以降をメドに、日本郵便が取り扱うクール便の配送の一部が佐川に委託される。これまで日本郵便は「大口顧客のクール便のニーズに対応しきれずにいた」(日本郵便の衣川社長)が、佐川の配送網を活用することで、投資コストを抑えつつもクール便を強化できるというわけだ。

今回の協業は、日本郵便からのアプローチをきっかけに検討が始まった。佐川の本村社長は「2021年初めごろに、クール便の配送を委託できないかと依頼があり、そこから今回の協業へと発展した」と話す。

だが、事情に詳しい業界関係者は「協業に積極的だったのはむしろ佐川だ。弱点である小型荷物を日本郵便に委託しつつ、EC荷物を獲得したいのだろう」と明かす。

という、業績1位のクロネコヤマトに対して佐川急便と日本郵便がタッグを組み、攻勢をしかけてきたという話です。

単純に、どこが最も丁寧で愛想がよく、顧客に寄り添っているか。

それを考えれば、一目瞭然ですよね。

クロネコヤマトは時間指定をキッチリと守り、もし配達が遅れるようなことがあってもしっかりと謝罪し、対応も言葉使いも実に丁寧です。

それに対して、佐川は問題外です。常に時間指定を守りません。

5回中3回は指定時間以外に来るんじゃないですかね?

さすがに最近は少しは改善されたかもしれませんが。まぁ、基本的に佐川は使いませんのでよく知りません。

コロナ禍の現在、宅配便は非接触受け取りが各社基本になっており、それでもクロネコの場合は宅配員に労いの言葉をかけたいので私は出るんですが、あまり近寄らずにサインも必要無いので、と丁寧かつ必要最低限の応対をしてくれます。

佐川・日本郵便の場合は、一度コロナ禍で両社とも受け取りに出たんですが、しっかりとサインを求めてきました。

愛想も相変わらず良くはありませんね。

それがあって、私はヤマトは出ますが佐川・日本郵便は出ません。気分が悪くなるから顔も見たくないのでね(^^i)

その地域の担当の人が悪いだけじゃないの?と思われるかもしれませんが、そうでもないと思います。色んな人が来ますが、総じて良くはありません。

つまり、会社の方針がそうなってるんですよ。

お客様には丁寧に、というのがクロネコヤマトならば、佐川は丁寧さより利益重視、日本郵便も顧客からいかに金を儲けるかしか考えていません。

だからかんぽ生命の詐欺契約に繋がるわけですよ。

悪いのは会社の方針であり、会社そのものなんです。それが従業員の対応に如実に表れるんですよ。

ということで、この2社が手を組んだところで何も変わりません。

顧客はちゃんと見てますからね。

私はクロネコヤマトだけを使い続けます(^^)

 

さて、今回はこのEAの検証の続きを。

 

swallow blizzard

鷲を凌駕する燕EA!!

このswallow blizzardについて、過去に以下の記事で書いています。

新生がSBIの資金が底を突くまで凌げるのか。勝敗はこの一点のみですねぇ。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)

あの子と仲良くするんなら、もうあんたは友達じゃないんだから!!私をとるかあの子をとるか。どっちかにしなさいよ!! 無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDCAD

1城皆殺しにすれば、他は戦わずして落ちる、という戦国時代のやり方です。無料EA「swallow blizzard」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDNZD

 

eagle blizzardの裏バージョン朝スキャルEAです。

今回は、EURAUDのバックテスト検証です。

初期資金100万円。

期間は2005年5月1日~2021年5月31日、16年1か月間。

ロット数は最低ロット数の0.01とします。

それ以外のパラメタはデフォルトのままです。

こういう結果になりました。

 

 

16年1か月の稼働で、取引回数5815回。

勝率91.61%、PF2.87。

利益が¥157,839、最大ドローダウンが¥4,847。

最大ドローダウンは利益の約32分の1、という結果です。

 

今回のバックテスト結果から、ざっくりと資金に対する最適なロット数を割り出してみましょう。

仮に0.3ロットで稼働させたとすると、利益、ドローダウン共に30倍になり、

利益が¥4,735,170、最大ドローダウンが¥145,410となります。

100万円の初期資金で最大ドローダウンが¥145,410ならば、許容できる範囲のリスクと言えると思います。

ということで、これを基準としまして、

初期資金3万3千円で0.01ロット、10万円ならば0.03ロット、100万円ならば0.3ロット・・・という具合が設定するロット数としては良いんじゃないかと思います。

マニュアルの推奨設定ロット数よりも低いロット設定となりました。

ただ、調子の良し悪しはあると思うので、調子が良い時はこの設定の1.5倍~2倍ぐらいまでは許容範囲でしょうかね。

良くない時は半分、4分の1ぐらいの稼働でも良いと思います。

EURAUDはなかなか良い結果でしたね。

このEAは10通貨ペアと稼働通貨ペアを厳選しているからか、全体的に成績は良さそうな感じです。

精度が高そうなので期待出来ますね(^^)

今後も検証を続けていきます!

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。
 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ