赤字オリンピックなんてやってるヒマは無いんですから。無料EA「post-Rollover Miracle Greedy Version」(GEMFOREX)バックテスト結果 AUDCAD

 

ただでさえ開催自体が国民に批判されているのに、火に油を注ぐのが好きですねぇ(^^i)

五輪選手村に「金の装飾トイレ」 選手への応援の気持ちを込め
https://news.yahoo.co.jp/articles/d370e8fc0677fb1e2f8d57050e0feac56391ded6

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの選手村(中央区晴海)が20日、報道陣に公開された。

選手村の「メイン玄関」と言える代表的な施設「ビレッジプラザ」の中には「金の装飾トイレ」を設置。正面エントランス横の男女トイレに、東京大会のゴールドパートナー(住宅設備部材&水回り備品)であるLIXIL社が納入した。

カラーは、金メダルを狙って東京にやって来る世界中のアスリートへの応援の気持ちを込めて金色に。小便器8台、大便器部8台、洗面器13台、バリアフリートイレ2台、オストメイト2台に装飾が施された。トイレ空間のドアを開けた瞬間、木材をモチーフとしたコンセプトが誰の目にもとまる演出にもなっている。

大会期間中、ビレッジプラザでは選手の生活サポートやメダリストの記者会見などが行われる。各国の選手はもちろん、世界中のメディアが利用するエリアに「金の装飾トイレ」を設置することで、コンセプトを広く表現していく。

という、世界中のアスリートへ金メダル応援への願いを込め、金のトイレを設置したという話題です。

アホですよねぇ。このやり方ひとつを見ても、日本という国のレベルが見てとれます。

低俗で、きらびやかな内装やモノ自体に金をかける。見た目重視の中身はカラッポ。

まさにこの金のトイレは現在の日本を象徴していますね。

金かけるところ間違ってるだろ?という話ですよね(^^i)

そもそも、このオリンピック自体がコロナ感染のリスクが上がるからと開催を反対されています。

確かに、去年の感染状況を見てみても夏場は感染者が減っています。

単純に紫外線が強くなることでウイルスが死滅しやすくなるのではないか、という話がありますね。

これは他のインフルエンザや風邪なんかと同じですが。

それでも、国民に反対されているんだから対策を完璧にするべきだし、金はそこにかけるべきです。

ムダな自己満足のおもてなしではなく、ね。

オリンピックで来てもらった選手には気の毒ですが、自分の出る競技が終わったらすぐに出国してもらう、開会式、閉会式の中止などお祭りムードの中ではなく緊急事態の中で最低限の競技会をやる、というスタンスで物事をすすめていって欲しいです。

赤字オリンピックなんてやってるヒマは無いんですから。

 

さて、今回は絶好調のこのEAの検証を行っていきます。

 

post-Rollover Miracle Greedy Version

エース級朝スキャルEAのアグレッシブバージョン!!

このpost-Rollover Miracle Greedy Versionについては、過去に以下の記事で書いています。

全国の有効求人倍率で見ると、2019年は1.55、2020年は1.18にまで急落し、2021年3月は1.1倍に落ち込みました。無料EA「post-Rollover Miracle Greedy Version」(GEMFOREX)

もう30になる金の無い無職の男が挑戦できる立場に無いことは明らかですよね。無料EA「post-Rollover Miracle Greedy Version」(GEMFOREX)

テレビで偉そうにコメントしている医療関係者の代表方も、くだらない事をしゃべっているヒマがあるのなら注射器持った方が世の役に立つんじゃないですかね? 無料EA「post-Rollover Miracle Greedy Version」(GEMFOREX)

アップルのエアタグを認知症高齢者に着けておけば徘徊してもすぐ見つけられますし(アップルはモノ以外に着けるな!と言ってますが(^^i))。無料EA「post-Rollover Miracle Greedy Version」(GEMFOREX)

頭をすげ変えても企業文化は変わりませんし、バグ発生率も変わりません。無料EA「post-Rollover Miracle Greedy Version」(GEMFOREX)

本も出版したようですし、この人はこれから何をすれば良いのか、どこを目指すのかが十分分かっているようです。無料EA「post-Rollover Miracle Greedy Version」(GEMFOREX)

 

「貪欲」バージョンのpost-Rollover Miracleです。

今回はこのEAの真価を測るべく、バックテスト検証を行っていきます。

今回は、AUDCADのバックテスト検証です。

初期資金100万円。

期間は2005年5月1日~2021年5月31日、16年1か月間。

パラメタをマニュアル記載のAUDCAD用パラメタに設定します。

ロット数は最低ロット数の0.01とします。

こういう結果になりました。

 

 

16年1か月の稼働で、取引回数3150回。

勝率82.76%、PF3.14。

利益が¥119,461、最大ドローダウンが¥2,212。

最大ドローダウンは利益の約54分の1、という結果です。

 

ちなみに、期間が少し違いますが、それ以外は全く同じ条件でバックテストした本家post-Rollover Miracleの結果がこれです。

 

 

14年5か月の稼働で、取引回数1016回。

勝率80.51%、PF2.98。

利益が¥33,269、最大ドローダウンが¥1,239。

最大ドローダウンは利益の約26分の1、という結果です。

 

バックテスト期間が1年半ほど違いますが、それを加味して考えても大きな性能の違いが出ましたね。

Greedy Versionの方が取引回数が約3倍となり、PFも上で利益率も飛躍的に伸びました。

その分最大ドローダウンは倍ほどに上がってしまいましたが、取引頻度が上がっているのだからやむを得ないでしょう。

利益とリスクのバランスを考えれば、明らかにGreedy Versionの方に軍配が上がったと言えますね。

 

今回のバックテスト結果から、ざっくりと資金に対する最適なロット数を割り出してみましょう。

仮に0.7ロットで稼働させたとすると、利益、ドローダウン共に70倍になり、

利益が¥8,362,270、最大ドローダウンが¥154,840となります。

100万円の初期資金で最大ドローダウンが¥154,840ならば、許容できる範囲のリスクと言えると思います。

ということで、これを基準としまして、

初期資金1万4千円で0.01ロット、10万円ならば0.07ロット、100万円ならば0.7ロット・・・という具合が設定するロット数としては良いんじゃないかと思います。

マニュアルの推奨設定ロット数よりも高いロット設定となりました。

ただ、調子の良し悪しはあると思うので、調子が良い時はこの設定の1.5倍~2倍ぐらいまでは許容範囲でしょうかね。

良くない時は半分、4分の1ぐらいの稼働でも良いと思います。

今はだいぶ調子が上がってきている感じですが、アグレッシブな分、複数通貨ペアでまとめて負けを喰らうと怖いので少し慎重に稼働させていきたいですね。

ポテンシャルが高いことは間違い無さそうです。

今後も他の通貨ペアを検証していきますのでご期待ください。

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。
既に口座開設済の方も、まずは上記アドレスへメールをどうぞ!
ご相談、承ります。

 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料でEA、ミラートレードストラテジーも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ