暴力が怖いですか?会社が怖いですか?パワハラが怖いですか?むしろ、それをやられた時にやったぜ!と喜ぶぐらいでないと。無料EA マイポートフォリオリポート16(GEMFOREX)

 

大事なのは、闘う気持ちを失わない、ということなんですよねぇ・・・。

「ブラック企業、辞めました」奪われた“人生“は取り戻すことができるのか
https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20200129-00160132/

ブラック企業は、被雇用者のその後の人生に悪影響を及ぼす。最たる例が、うつ病などの精神疾患を発症し、就労困難な状態に陥るパターンだ。加えて、現在社会問題になりつつある「中高年引きこもり」も生み出している。ただし、中には能力や特技を生かし、ブラック企業を辞めた後に人生を好転させている人もいる。

という、ブラック企業を辞めた後にそのまま引きこもりになってしまった人、人生を好転させた人に関して書いている記事です。

前者は、大手コンビニフランチャイズ店舗で正社員として働き、休日は2週に1日で、月200時間近い過労死レベルの超長時間残業を課され、「おでん」を自腹で100個購入するなどのいわゆる「自爆営業」も行われ、社会保険の加入もなく、月給は額面で22万円だったそうで。

こんな状況下で4年間も働き、入社4年目にとうとう限界を迎え、心療内科を受診。精神疾患の診断がおりた、ということです。

その後退職し、社会復帰できずに5年が経とうとしている、と。

典型的なブラック企業に潰されたパターンですね。

被害で一番大きいのは、人格否定などにより「人間不信」になってしまったこと、と被害者は語ります。

実に可哀想です。

でも、これが大多数ですよ。

日本というのは、こういう人たちを使い潰すことで企業が成り立っているんですよね、本当にクソな国です。

今や、日本のほぼ全てがブラック企業と言っても過言ではないですからねぇ。

次に、人生を好転させた人の話。

この方は番組制作会社のアシスタントディレクター(AD)として就職し、長時間労働やパワーハラスメント、暴力が横行する過酷な労働現場に放り込まれます。

仕事上のミスをきっかけに「お前は無能なADだ」「役に立たないカスだ」などの暴言を伴う暴力を受け続けた結果、「自分はなんて無価値な人間なんだと絶望し、生きていても仕方がないのではないか」と考えるようになったそうで。

最終的に、会社から逃げ出すように退職し、そのまま半年間の引きこもり状態に追いやられます。

ですが、ここから反撃が始まります。

未払いの残業代について「ブラック企業ユニオン」に相談し、団体交渉して最終的には会社が未払い残業代やパワハラの事実を認め、この方の納得がいくだけの賠償金を支払うことで合意したそうです。

さらにそれだけではなく、全社員に対する未払い賃金の支払いなど、職場環境を大きく改善させた、ということです。

これだけ劇的に勝つことも珍しいですが、実に胸のすく話ですね(^^)

その後、この方は取り戻した残業代と賠償金で大学院へ通い、労働問題について学んでいるそうです。

その後はブラック企業に対するNPOなんかを立ち上げるんでしょうかね。

前者と後者、まさに明暗が分かれている感じですが、その明暗を分けた差はたった一つ。

闘う気持ちを失わなかった、ということです。

この日本という国は、義務教育から常に競争させ続ける社会です。

そして勝者と敗者を決め、勝者はどこまでも上に行き、敗者はどこまでも下に行く。

敗者は何されてもいい、という暗黙のルールがある国なんですよね。

でも、実際はそうではなく、敗者だから何されても仕方ない、と思っている自分がいて、そこにクソ共がつけこんでくるんですよね。

だから、闘わないと。

闘わないと、この国では生きられないんです。悲しいことにね。

気持ちが負けてしまえば、もう負けです。

怖くても闘わないといけない。

暴力が怖いですか?会社が怖いですか?パワハラが怖いですか?

むしろ、それをやられた時にやったぜ!と喜ぶぐらいでないと。

それをネタに、堂々と会社に対して損害賠償請求を行うことができます。

これは法律で決まっています。要は闘い方ですからね。

暴力を振るわれた時、相手を傷害罪で訴えることが出来ます。

傷害の程度によっては、一生金を搾り取ることも可能です。

こう考えれば、実は恐ろしいのは暴力をふるう側なんですよ。

だから、ヤクザは絶対に民間人に手は出しません。

訴えられたら終わりですからね。

プロはそう分かっているんですよ。

暴力もパワハラも高圧的なマウンティングも恐れることはありません。

逆に、復讐のチャンスです。

こう考えて、戦場日本を逞しく生きていきましょう。

なに、そう難しいことではないんですよ。

結論としては、金があれば、生きられますから。

 

さて、今回は私のポートフォリオの状況を見ていきましょう。

 

私のポートフォリオについては、過去に以下の記事で書いています。

自分の意思で休めないなら、そんなのは奴隷と何ら変わらないじゃないですか・・・。無料EA マイポートフォリオリポート1(GEMFOREX)

もう二度と私腹を肥やす政治を出来なくする。この国の未来のために絶対に必要なことだと私は思うんですがねぇ・・・。無料EA マイポートフォリオリポート2(GEMFOREX)

年収150万円の非正規女性が、年収680万円の公務員を支えなければいけない理由は一体どこにあるんでしょうか?無料EA マイポートフォリオリポート3(GEMFOREX)

困っている人は助けずに、むしろ叩く!!低所得者層から税金を出来るだけ搾り取り、富裕層が優遇される格差社会を創り上げた阿保倍政権こそが、その象徴だと思いませんか?無料EA マイポートフォリオリポート4(GEMFOREX)

国民に税金を気持ちよく払ってもらいたかったら、無駄遣いでなく、本当に必要なことに正しく使ってみろよ!!と私は言いたいです。無料EA マイポートフォリオリポート5(GEMFOREX)

人間というのは動物です。そしてパワハラする人間というのは本能でやっているものです。無料EA マイポートフォリオリポート6(GEMFOREX)

いくら働きバチを潰したところで、ハチの巣を、女王バチを殺さなければ何の対策にもなりませんよね。無料EA マイポートフォリオリポート7(GEMFOREX)

そろそろ気付いて欲しいですね。日本の国を運営する、なんていうのは無理な話なんだということを。無料EA マイポートフォリオリポート8(GEMFOREX)

潔く負けを認めるのも、優れた経営者の資質です。無料EA マイポートフォリオリポート9(GEMFOREX)

朝9時から夜6時まで働いて、その後居酒屋で夜11時までバイトする事を日本政府が公認で勧めているわけですからねぇ。無料EA マイポートフォリオリポート10(GEMFOREX)

村八分にされるのは、日本人にとっては死ぬのと同じですから(^^i)無料EA マイポートフォリオリポート11(GEMFOREX)

会社というものは、賃金を得て個人が幸せになるために利用するものです。会社に利用されるなんて本末転倒なんですよ。無料EA マイポートフォリオリポート12(GEMFOREX)

世界三大投資家、とまではいかなくても、年収1000万円プレーヤーぐらいは現実的に無理なく可能です。無料EA マイポートフォリオリポート13(GEMFOREX)

今大流行中のサブスクサービス。次に来るのは定額制「友達」ですかね。無料EA マイポートフォリオリポート14(GEMFOREX)

ボンクラほど勝手に有能な人をライバル視して、競争意識を高めます。無料EA マイポートフォリオリポート15(GEMFOREX)

 

今回公開するポートフォリオは、9月9日から初期資金100万円で運用しています。

前回は1月24日までの取引履歴を公開しました。

今回は1月25日~1月30日までの一部取引履歴を公開します。

どうぞ。

 

 

申し訳ありませんが、一部非公開にしております。

この期間、14回の取引を行い、¥551,192の利益を得ています。

そして、9月9日の稼働開始からの総利益は¥11,819,774となりました。

 

計算してみましょうか。

去年の9月9日から今日まで、単純計算で144日です。

総利益÷日数で単純な1日あたりの利益が出ます。

¥11,819,774÷144日で・・・

¥82,081となりました。

1日あたり8万2千円の稼ぎ。

一か月30日とすると、¥2,462,430。

ひと月の稼ぎが250万円弱です(^^i)

これだけ稼げば、十分生きていけますね。

ブラック企業に翻弄される人生に嫌気がさしたら、とりあえず金を求めてみませんか?

その先に、本当に自分が生きたい生き方が見えてきます。

 

 

このEAを使いたい場合は、コチラのリンクから「GEMFOREX」への口座開設で、今回紹介するEA以外にも、150を超す無料EA、ミラートレードストラテジーが全て使い放題です!

GEMFOREXへの口座開設完了後、
 
gaudi15_ealife@yahoo.co.jp
 
へ登録した際のお名前とメールアドレスを送信いただければ、現在私が使用し、実際に利益を上げて生活しているEAとその運用方法をお伝えします。

 

※FXを始めるなら
「GEMFOREX」
 使いやすい円またはドル口座で、最大レバレッジは1000倍!!
 手数料無料で「Gem-Trade」のEAも使い放題です!
 →→新規口座開設はコチラ